他の商品との違い

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

ブライダルリングの中でも、婚約指輪を購入する場合、まずはダイヤモンドを選び、それを気に入った枠に留めるという順序でリングを製作することとなります。そのような場面で、ダイヤモンドと枠の組み合わせは、一人ひとりの顧客によって違いがあります。したがって、最初からでき上がった指輪を用意してもらうことができません。次に、洋服と同じように、リングにもサイズがあります。指のサイズは一人ひとりの顧客によって違いがあるので、サイズを測ってから指輪をつくるというのが通常の流れです。

また、ブライダルジュエリーである婚約指輪・結婚指輪には、リングの内側にメッセージを刻んだり、石を留めたりと、それぞれの顧客によって付加価値を与えるための加工をほどこすケースがほとんどです。そのような加工をするために、来店した日に指輪を購入し、持ち帰るという訳にはゆきません。そして、ブライダルジュエリーとしては、まだ誰も身につけたことのない、注文者だけのためにつくられた指輪、すなわちヴァージンリングを用意するのが一般的です。したがって、ジュエリーショップでは、結婚する2人のためだけに最初からリングをつくることから、店頭で既製品を販売するという訳にゆきません。